読み物

日本の読み物

小学3・4年生から

星空としょかんへようこそ

小手鞠るい 作/近藤未奈

「フランダースの犬」がこんなに悲しいお話だなんて、知らなかった!? たのしみにしていたクリスマス会で、サンタさんから手わたされた一冊の本。お礼の手紙を書くためにさっそく読みはじめたなずなでしたが…。「な、なんで、こんな悲しい本を子どもにプレゼントするんだ」 怒ったなずなは、プレゼントをくれたサンタさんに直接文句をいうために、ふだん働いているというとしょかんで、サンタさんを探すことにしました。ところが?

発行日  2020年11月24日
判型/サイズ 21×16cm
ページ数 97ページ
ISBN 978-4-338-31905-8
NDC 913

定価1,320円 (本体1,200円+税)

こちらからもご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • e-hon
  • honya club
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • ローチケHMV
  • 小峰書店購入フォーム

作者プロフィール

PROFILE

小手鞠るい (こでまりるい)

1956年岡山県生まれ。同志社大学卒業。小説家。詩とメルヘン賞、海燕新人文学賞、島清恋愛文学賞、ボローニャ国際児童図書賞などを受賞。2019年には『ある晴れた夏の朝』(偕成社)で、子どもの本研究会第3回作品賞、小学館児童出版文化賞を受賞。児童書・YAの主な作品として『シナモンのおやすみ日記』『きみの声を聞かせて』『思春期』『見上げた空は青かった』『初恋まねき猫』『窓』『ぼくたちの緑の星』など多数。エッセイ集に『放課後の文章教室』『空から森が降ってくる』など。1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。

作者プロフィール

PROFILE

近藤未奈 (こんどうみな)

多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。2018年、第40回講談社絵本新人賞を受賞し、『まよなかのせおよぎ』でデビュー。東京都在住。