じいちゃんの山小屋

佐和みずえ 作/カシワイ

じいちゃんの山小屋

佐和みずえ 作/カシワイ

東京生まれの小学6年生の航太は、四国のじいちゃんと暮らすことになった。じいちゃんとの暮らしは、電気も、トイレもない、スマホも圏外の山小屋での不便なもの。本当の豊かな暮らしとは何か、考えさせられる一冊。

定価1,650円 (本体1,500円+税)

在庫あり

▼ 学校・図書館・書店の方

対象年齢
小学校高学年 中学生
発行日
2022年6月下旬
ISBN
978-4-338-30808-3
判型/ページ数
四六判/195ページ
NDC/Cコード
C8393

著者紹介

佐和みずえ サワミズエ

愛媛県出身。一卵性双生児。それぞれ愛媛県と大分県に在住。児童書の著作に『パオズになったおひなさま』『熊本城復活大作戦:地震から二十年かけて進む道のり』(くもん出版)、『拝啓、お母さん』『江戸の空見師 嵐太郎』(フレーベル館)、『すくすく育て! 子ダヌキ ポンタ 小さな命が教えてくれたこと』(学研プラス)など多数。

カシワイ

漫画家・イラストレーター。漫画や書籍の装画等を中心に活動。主な著作に『107号室通信』、『光と窓』(リイド社)、『ひとりの夜にあなたと話したい10のこと』(大和書房)等がある。