わたしは食べるのが下手

天川栄人

わたしは食べるのが下手

天川栄人

会食恐怖症と摂食障害――。人と食事をするのが苦手な葵と、過食嘔吐を繰り返す咲子。ふたりの少女がたどりいた”わたしたち”なりの食との正しい付き合い方とは。わたしたちが望む給食って、いったいなんだろう?

定価1,760円 (本体1,600円+税)

在庫なし

対象年齢
中学生
発行日
2024年6月下旬
ISBN
978-4-338-28728-9
判型/ページ数
四六判/ページ

著者紹介

天川栄人 テンカワエイト

岡山県生まれ。京都大学総合人間学部卒業、京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了。第13回角川ビーンズ小説大賞にて審査員特別賞、第9回集英社みらい文庫大賞にて大賞受賞。『セントエルモの光 久閑野高校天文部の、春と夏』、『アンドロメダの涙 久閑野高校天文部の、秋と冬』(ともに講談社)で第48回日本児童文芸家協会賞受賞。その他の作品に、『おにのまつり』(講談社)、『虹色のパズル』(文研出版)などがある。