妖花魔草物語

廣嶋玲子 作/まくらくらま

妖花魔草物語

廣嶋玲子 作/まくらくらま

伝説の植物マンドラゴラ、食虫植物のウツボカズラ、神秘的な月下美人などにまつわる不気味で不思議な植物の物語10篇を収録。

定価1,980円 (本体1,800円+税)

在庫なし

対象年齢
小学校高学年 中学生
発行日
2024年3月
ISBN
978-4-338-28727-2
判型/ページ数
四六判/200ページ
NDC/Cコード
NDC913

著者紹介

廣嶋玲子 ヒロシマレイコ

横浜生まれ。第四回ジュニア冒険小説大賞の「水妖の森」(岩崎書店)でデビュー。主な著作は、「鬼遊び」シリーズ(小峰書店)、「魔女犬ボンボン」シリーズ(角川書店)、「ふしぎ駄菓子屋銭天堂」シリーズ(偕成社)、「もののけ屋」シリーズ(静山社)、「十年屋」シリーズ(静山社)、「秘密に満ちた魔石館」シリーズ(PHP研究所)。「狐霊の檻」(小峰書店)で「第34回うつのみやこども賞」受賞。

まくらくらま

「埃臭い画」をテーマに、デジタルとアナログを併用しながらヨーロッパアンティークを彷彿とさせる作品を制作している。主な著作は、『不思議なアンティークショップ まくらくらま作品集』(パイ インターナショナル)、「カトリと眠れる石の街」シリーズ装画(講談社)その他、フェリシモやWB(ハリー・ポッター)との商品コラボ等。

おしらせ