絵本

日本の絵本

5・6才から

火 あやかし

飯野和好 絵と文

昔から、人は山に入ると、よくあやしいものに出会ったという…。旅の途中の兄弟が、夜の山街道で出会ったあやかしの火の物語。幼い頃から、囲炉裏や竈の火に親しみ、山仕事をしてきた飯野和好が、火をあやしく描く。

発行日  2019年6月21日
判型/サイズ 31×24cm
ページ数 32ページ
ISBN 978-4-338-26134-0
NDC 913

定価1,728円 (本体1,600円+税)

こちらからもご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • e-hon
  • honya club
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • ローチケHMV
  • 小峰書店購入フォーム

作者プロフィール

PROFILE

飯野和好 (いいのかずよし)

1947年埼玉県秩父生まれ。
長沢セツ・モードセミナーでイラストレーションを学ぶ。絵本『ねぎぼうずのあさたろう その1』(福音館書店)で第49回小学館児童出版文化賞、「小さなスズナ姫シリーズ」(偕成社)で第11回赤い鳥さしえ賞、『みずくみに』(小峰書店)で第20回日本絵本賞を受賞。
作品に「くろずみ小太郎旅日記シリーズ」(クレヨンハウス)、『ハのハの小天狗』(ほるぷ出版)、『桃子』『草之丞の話』(旬報社)、「ふようどのふよこちゃんシリーズ」(理論社)、『月見草の花嫁』(BL出版)など多数ある。絵本の読み語り講演で、股旅姿で全国を渡り歩いている。