読み物

日本の読み物

小学5・6年生から

Y.A.@Books

幸子の庭

本多 明 作/北見 隆 装画

幸子の家には、東京には珍しく広い庭がある。それは、曾祖父母が大切に手入れし、思いをこめて造った庭だった。だが、今は荒れほうだいになっている。ところが突然、96歳になる久子おばあ様が庭を見に上京することに!

発行日  2007年9月20日
判型/サイズ 四六判/20cm
ページ数 250ページ
ISBN 978-4-338-14420-9
NDC 913

定価1,650円 (本体1,500円+税)

こちらからもご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • e-hon
  • honya club
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • ローチケHMV
  • ヨドバシ.com
  • 小峰書店購入フォーム

読者のみなさまからのご感想

MESSAGE

庭が剪定されていくのを見て、しぼんでいた幸子の心が開いていく過程を読みながら、私のこころも丁寧に整えられていくように思いました。
 庭造り、植物を育てるって、奥が深い! ただ自由に野放図にするということでもなく、木々1本ずつを生き生きと育てつつ、住む人との関わりや視線を考えながら庭を造っていくって面白いと感じました。
 なにかつらいことがあったときに、それにただ向かい合うんじゃなくて、生活の中の、細かい枝葉のようなこと(庭に限らず)を丁寧にととのえていくって、心のありようにつながってくる大事なことだとも思いました。
 道具や植物にこだわる職人さんの人生が合間合間に描かれるのも、すごく良いです。

トーハン 仕入企画推進室 ほんをうえるプロジェクト/船田真喜さん