読み物

日本の読み物

小学5・6年生から

約500の企業を育て「日本資本主義の父」とよばれた男。農家に生まれて、討幕派、幕臣、新政府の役人と立場を変え、やがて民間の企業人となった男の波乱と冒険に満ちた軌跡を描く歴史青春ストーリー。
装画・扉絵 : 槇えびし

発行日  2020年12月25日
判型/サイズ 四六判
ページ数 225ページ
ISBN 978-4-338-08164-1
NDC 913

定価1,650円 (本体1,500円+税)

こちらからもご購入いただけます
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 紀伊國屋書店
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • e-hon
  • honya club
  • honto
  • セブンネットショッピング
  • ローチケHMV
  • 小峰書店購入フォーム

作者プロフィール

PROFILE

小前 亮 (こまえりょう)

1976年、島根県生まれ。東京大学大学院修了。専攻は中央アジア・イスラーム史。2005年に歴史小説『李世民』(講談社)でデビュー。その他の著作に『三国志』『エイレーネーの瞳 シンドバッド23世の冒険』(理論社)、『月に捧ぐは清き酒』(文藝春秋)、『賢帝と逆臣と 小説・三藩の乱』『覇帝フビライ 世界支配の野望』『天下一統 始皇帝の永遠』(講談社)、『残業税』(光文社)、『平家物語<上><下>』(小峰書店)などがある。