『なまえのないねこ』Twitter & Instagramプレゼント企画「ウチのコなまえ大賞」当選発表!の写真

キャンペーン

2019/8/8 更新

『なまえのないねこ』
Twitter & Instagramプレゼント企画
「ウチのコなまえ大賞」当選発表!


竹下文子さんが文・町田尚子さんが絵を手がけた絵本『なまえのないねこ』の発売を記念して開催した、Twitter & Instagramプレゼント企画「ウチのコなまえ大賞」、たくさんのご応募をありがとうございました!

投稿いただいた愛らしいお写真に心が癒され、おなまえに込められたみなさまの想いに胸が熱くなりました。

どのおなまえ・お写真も等しく大切で、本来比べることはできないのですが、プレゼント企画という性質上、直筆サイン色紙と限定図書カードをプレゼントする7猫様を竹下さんと町田さんに選んでいただき、直筆サイン本と限定図書カードをプレゼントする5猫様を小峰書店で選ばせていただきました。


まずは、竹下さんと町田さんのおふたりが選んだ「なまえのないねこ賞」の発表です!

なまえのないねこ賞
シマヲさま
・表紙の絵を3D化したのかとびっくりしました。シンプルに「体をあらわす」おなまえもよかったですね。こぼれ落ちそうなグリーンのおめめに乾杯!(竹下さん)
・メロンに似ている猫さんの投稿がたくさんありました。例え柄が違っても、目が似てる! とか雰囲気が!とか、みなさん細やかに感じとって下さり嬉しかったです。その中で一番最初に「そっくり!」と思ったのがシマヲくんだったので、代表して。とにかく可愛い!(町田さん)


続きまして、竹下さんが選んだ「竹下文子賞」の発表です!

竹下文子賞
ソーセキ(通称センセー)さま
・「センセー、ごはん召し上がりますか」とか、日常すべて敬語になっちゃいそうですね。お世話する人はやっぱり「書生さん」かしら。いろいろ想像が止まらないおなまえです。(竹下さん)

竹下文子賞
ハッチさま(上)とポッチさま(下)

・黒白混ぜ混ぜしてふたつに分けたらこうなりました…みたいな柄の配分がとってもキュート。おぼえやすいペアネームで、そのまんま童話の主人公になりそう。(竹下さん)


続きまして、町田さんが選んだ「町田尚子賞」の発表です!

町田尚子賞
千歳さま
・「長生きしてほしい」とは誰もが願うこと。そういう時普通は「100歳まで」と言いそうなところを「1000歳」と言った娘さんの気持ちに感動しました。(町田さん)

町田尚子賞
れもんさま(右)とゆずさま(左)
・日常の中に幸せを感じるお写真が心に染みます。奇をてらわずに普通が一番、と思うのは、わたしが年をとったせいでしょうか…。(町田さん)


最後に、小峰書店の猫好き社員が選んだ「小峰書店賞」の発表です!

小峰書店賞
はちべえ母さん
・印象的な八の字と、そのまんまのおなまえが素晴らしい。白い割烹着が似合う日本のお母さん。

小峰書店賞
ネコネコさま
・これぞ究極のおなまえ。二段重ねに、しみじみ愛を感じます。おうち猫になれてよかったねえ。

小峰書店賞
もちさま

・もう焼いたお餅柄にしか見えなくなってしまいました! 名は体を表すとは正にこのこと。絵本と一緒に撮ってくださり、ありがとうございます!

小峰書店賞
琥珀さま
・くしゃみが出そうで出ないような、何とも言えない表情に魅了されました! 猫と一緒に暮らしてみると、色々な一面を見ることが出来て面白いですね。

小峰書店賞
ビビさま
・「ビビリ」の「ビビ」がおなまえの由来とのことですが、全くそうは見えない貫禄です! きっと飼い主さまの愛に心を開いてくれたのですね。ねこ万歳!!


当選された猫様へのプレゼントは、8月下旬に発送予定です。
楽しみにお待ちください!

  • 5・6才から
  • 絵本
なまえのないねこ

なまえのないねこ

竹下文子 文/町田尚子

  • ISBN:978-4-338-26133-3
  • NDC:913
  • 定価1,650円 (本体1,500円+税)