『14歳、ぼくらの疾走』 待望の映画化!の写真

ニュース

2017/10/20 更新

『14歳、ぼくらの疾走』
 待望の映画化!

映画『50年後のボクたちは』

監督:ファティ・アキン
   (『ソウル・キッチン』『消えた声が、その名を呼ぶ』)

配給:ビターズ:エンド

9月16日(土)〜
ヒューマントラストシネマ有楽町、
新宿シネマカリテほか 全国順次公開!

14歳のマイクはクラスのはみだし者。ある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく…。

▼詳細は映画の公式サイトをご覧ください!
 映画『50年後のボクたちは』

  • 中学生から
  • 読み物
14歳、ぼくらの疾走

14歳、ぼくらの疾走
マイクとチック

ヴォルフガング・ヘルンドルフ 作/木本栄 訳/ミヒャエル・ゾーヴァ 装画

  • ISBN:978-4-338-14432-2
  • NDC:943
  • 定価1,728円 (本体1,600円+税)