おしらせ

小峰書店からのおしらせです。

『日本児童文学2018年9・10月号』好評発売中!の写真

ニュース

2018/9/10 更新

『日本児童文学2018年9・10月号』
好評発売中!

『日本児童文学』は、一般社団法人 日本児童文学者協会が編集・発行、小峰書店が発売している児童文学総合誌です。
児童文学に関心を持つ幅広い方々を読者対象として、隔月刊で発行しています。
内容は、児童文学の今日的な問題に様々に切り込む特集のほか、書き下ろしの短編と詩を毎号掲載、その他「創作時評」「同人誌評」など盛り沢山。

もっとくわしく読む

『つきよのふたり』が、雑誌で紹介されました!の写真

メディア

2018/9/7 更新

『つきよのふたり』が、雑誌で紹介されました!

『つきよのふたり』(井上洋介 えとぶん)が、『コドモエ2018年10月号』(白泉社)の「季節の絵本ノート」という特集で紹介されました!

もっとくわしく読む

『ふたりはとっても本がすき!』が、新聞で紹介されました!の写真

メディア

2018/9/2 更新

『ふたりはとっても本がすき!』が、新聞で紹介されました!

『ふたりはとっても本がすき!』(如月かずさ 作 いちかわなつこ 絵)が、9月2日の朝日小学生新聞で紹介されました!

もっとくわしく読む

『ペーパープレーン』が、書評誌で紹介されました!の写真

メディア

2018/9/1 更新

『ペーパープレーン』が、書評誌で紹介されました!

『ペーパープレーン』(スティーブ・ワーランド 作/井上 里 訳)が、『子どもの本棚2018年9月号』(一般社団法人 日本子どもの本研究会 編集・発行)の「今月の書評」というコーナーで紹介されました!

もっとくわしく読む

かこさとしさんの複製原画が展示されます!の写真

イベント

2018/9/1 更新

かこさとしさんの複製原画が展示されます!

たくさんの絵とともに行事の由来をわかりやすく紹介する行事絵本の決定版「かこさとし こどもの行事 しぜんと生活」(全12巻)の表紙絵の複製原画が、神奈川県の藤沢市役所本庁舎1階ロビーに、毎月1枚ずつ展示されます。

あわせて、1階キッズーコーナーに「かこさとし こどもの行事 しぜんと生活」(全12巻)が配架されますので、市民のみなさまにご利用いただけます。

朝日新聞で紹介されました! → 朝日新聞デジタル

もっとくわしく読む

『NHK映像ファイル あの人に会いたい「かこさとし(絵本作家)」』放送の写真

メディア

2018/8/31 更新

『NHK映像ファイル あの人に会いたい「かこさとし(絵本作家)」』放送

9月1日(月)午前5:40~5:50
9月7日(金)午後1:50~2:00

NHKに残る映像音声資料から、かこさとしさんの活動を紹介する番組です。

詳細は ▶ NHK『NHK映像ファイル あの人に会いたい』

もっとくわしく読む

第19回登米市絵本原画展が開催されます!【終了】の写真

イベント

2018/8/30 更新

第19回登米市絵本原画展が開催されます!【終了】

第19回登米市絵本原画展

日時 2018年9月6日(木)〜9日(日)
   9時30分〜17時(9日は15時まで)
地区 宮城県
場所 登米祝祭劇場小ホール

もっとくわしく読む

『かわうそ3きょうだい』が、情報誌で紹介されました!の写真

メディア

2018/8/29 更新

『かわうそ3きょうだい』が、情報誌で紹介されました!

『かわうそ3きょうだい』(あべ弘士 作)が、『この本読んで! 2018年秋号』(出版文化産業振興財団)の「絵本どうぶつえん」というコーナーで紹介されました!

もっとくわしく読む

鈴木まもるさんが、『みずとは なんじゃ?』の原画を持って、小峰書店に来てくださいました!の写真

ニュース

2018/8/23 更新

鈴木まもるさんが、『みずとは なんじゃ?』の原画を持って、小峰書店に来てくださいました!

かこさとしさん最後の絵本『みずとは なんじゃ?』の絵を手がける鈴木まもるさんが、できあがったばかりの原画を持って、小峰書店に来てくださいました!

水の性質を子どもたちにわかりやすく伝えるため、さまざまな工夫をこらして絵をしあげてくださったまもるさん。
かこさんのラフがまもるさんの手で形になったのを目の当たりにして、私たちも胸がいっぱいになりました。

絵の中には、かこさんファンにうれしいしかけも……!

秋ごろの刊行に向けて準備を進めていますので、楽しみにお待ちください♪

もっとくわしく読む

かこさとしさんの企画展が開催されます【終了】の写真

イベント

2018/8/20 更新

かこさとしさんの企画展が開催されます【終了】

かこさとしのひみつ展-だるまちゃんとさがしにいこう-

日時:2018年7月7日(土)〜2018年9月9日(日)
   9時30分~17時(入館は16時30分まで)
   毎週月曜、7月17日(火)休館(7月16日は開館)
地区:神奈川県
場所:川崎市市民ミュージアム企画展示室1

※観覧料や関連イベントなど、詳細は ▶ 川崎市市民ミュージアムウェブサイト

『だるまちゃんとてんぐちゃん』や『からすのパンやさん』など、皆さんが一度は目にしたことがある絵本の作家かこさとしさんは、50年以上にわたりおはなしの絵本やかがくの絵本などたくさんの作品を発表し続けました。 物語をつくるようになったのは、1950年代の川崎市でのセツルメントと呼ばれる活動がはじまりです。子どもたちに作文や絵の描き方を教えるほか、自分でも紙芝居や幻灯をつくって、子どもたちに読み聞かせていました。このときの体験が、のちの絵本づくりに大きく活かされています。
本展は、かこさとしさんが生み出した作品を一堂に集め、そのひみつに迫ります。「だるまちゃん」シリーズや『からすのパンやさん』の一場面をはじめ、『どろぼうがっこう』、また、『かわ』や『たべもののたび』など科学絵本の全ての場面を展示するほか、ひみつのキーワードとなる「見る」「知る」「学ぶ」、そして「食べる」場面を中心に展示します。
川崎の子どもたちとの出会いから花開いたかこさとしさんの世界をいっしょに楽しみましょう。
小峰書店の本では、
『富士山大ばくはつ』
『ダンスをする魚のなぜなぜなぜ?』
『クラゲのふしぎびっくりばなし』
『モグラのもんだい モグラのもんく』
『台風のついせき 竜巻のついきゅう』
『1月のまき』
『12月のまき』
の複製原画が展示されます。

本展の準備中の5月2日にかこさとしさんがご逝去されました(享年92歳)。謹んで心からご冥福をお祈り申し上げるとともに、かこさんが作品に込めてきた想いを改めて多くの方に感じていただければ幸いです。

会期中、かこさとしさんをしのび、かこさんに感謝を伝えるコーナー「いつまでも いつまでも かこさとしさん」が開設されます。
コーナーの詳細は ▶ 川崎市市民ミュージアムウェブサイト

もっとくわしく読む