赤い鳥が創刊100周年を迎えました

『赤い鳥』創刊号

『赤い鳥』創刊号

1918(大正7)年7月1日(赤い鳥社発行)

菊判(220×152mm)、78頁

表紙絵:清水良雄『お馬の飾』

Q『赤い鳥』って何?

Q

小説家の鈴木三重吉を中心に刊行された、日本で初めての児童向けの童話と童謡の雑誌です。1918年7月から1936年10月の間に、196冊が発行されました。

Q鈴木三重吉ってどんな人?

Q

鈴木三重吉広島県出身の小説家です。大学在学中に夏目漱石に認められ『千鳥』で作家デビューしました。卒業後も教師をしながら創作活動を続けていましたが、次第に児童文学への関心を深め、『赤い鳥』の刊行をはじめ、児童文学の発展に尽力しました。
写真:『赤い鳥』の主宰者 鈴木三重吉(1882-1936年)鈴木潤吉氏提供

Q『赤い鳥』にはどんな作品があるの?

Q

教科書にも掲載されている新美南吉の『ごん狐』や、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』などは、『赤い鳥』で発表された童話です。また、日本ではじめての童謡『かなりや』も『赤い鳥』から生まれました。子どもの想像力を育てるために、子どもの「綴り方」「自由詩」なども掲載されました。

もっと詳しく知りたい方に! 赤い鳥創刊100周年記念誌童話作家あまんきみこさんからの寄稿文や、赤い鳥の関連施設を網羅した赤い鳥ミュージアムマップなどを収録した、メモリアルな1冊です。ご希望の方は、下記の住所まで、送付先のご住所・お名前・ご希望の冊数を明記のうえ、冊数分の切手を同封し、封書にてお申し込みください。

〒162-0066 東京都新宿区市谷台町4-15
株式会社小峰書店 赤い鳥創刊100年記念誌係

●1冊…140円
●2〜5冊…180円
●6〜10冊…360円
※11冊以上ご希望の場合は、お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。
赤い鳥創刊100周年記念誌